特集☆エコバッグ作成ガイド

薄手のエコバッグを探している場合

今はエコバッグを持って買い物をするというのが当たり前になっています。数年後にはレジ袋が完全有料化されることになっているので、今からエコバッグを持つ習慣を身に付けておいたほうがよいでしょう。出来るだけ薄手のもののほうが持ち歩くのに便利ということもあります。

どういうものがいいのか、持ちやすいのか比較サイトを利用してチェックをしてみるとよいでしょう。そうすることによって使いやすいものを見つけやすくなります。薄手かどうかという点も重要ですが、デザインも大切な点になってきます。

薄手だとすぐに破れてしまうのではないか、という不安も抱くでしょう。薄手でも丈夫なものを購入したいと考えているのであれば、事前に細かいところまで調べた上で購入をするものを決めるのが好ましいです。他にも複数用途に応じて使い分けるということも良い方法かもしれません。

トートバッグEXPRESS

エコバッグを大量に発注したいという場合、対応をしている業を探すのが大変です。そんな時でもトートバッグEXPRESSは大ロットでも受け付けてくれているので、安心をして任せることができるようになっています。

エコバッグと言ってもサイズも様々です。大容量のものを探している、オリジナルで作りたいという時に対応可能な業者は中々ありません。トートバッグEXPRESSであれば、サイズの希望に沿うことも出来るようになっています。

エコバッグだけではなく、ギフトバッグなどにも名入れを行うなど他にはないサービスを展開しているので理想的なものを手にすることができるでしょう。参考になるように印刷見本もチェックできます。

JETCHOP

買い物の時、エコバックがないとレジ袋を購入しなくてはいけないスーパーが増えています。どうせ、エコバックを持ち歩くならオリジナルのモノが欲しいです。ちなみにオリジナルのエコバッグを作成してくれる業者が増えています。

オリジナルのエコバッグを作成する業者の選び方にはポイントがあります。その中の一つに作成するのに時間がかからないことがあります。さらに一つでも作成可能だと個人的に利用することもできます。作成時、見積もりを取ります。

見積もりが無料になればその分だけ費用がおさえられます。JETCHOPは選ぶ際におさえておく条件が揃っています。さらに専門のスタッフも揃っているので何かあった時に相談しやすいです。

カプセルボックス

カプセルボックスでは、耐久性や防水性に優れた折りたたみができるエコバッグの製作をしています。バッグにコンパクトに収納ができるため、ちょっとした買い物の時に便利です。イベントなどの販促品にぴったりな商品を購入できます。

カプセルボックスでは、短納期に対応をしているため、急いで準備をしたい人も安心して利用できます。小ロットにも対応をしているため、幅広い年代に人気があります。名入れにも対応をしていますし、フルカラー印刷もしています。

カプセルボックスでは、折りたたみができるエコバッグを取り扱っています。ナイロン製の商品はリーズナブルな価格が特徴になっており、豊富なカラーが揃っています。迅速で丁寧な応対が特徴です。

販促STYLE

販促STYLEのエコバッグは丈夫で使いやすく、印刷面も大きくなっているので、販促品としてのアピール効果も高いです。スピード見積もりにも対応をしているため、その場で見積もりをすることが出来ますし、無地なら当日に、な入れなら2日でのスピード出荷になります。

販促STYLEは、企業向けのノベルティや販促品に記念品などの雑貨をメインに取り扱う販促STYLEでは、丈夫なエコバッグの商品も人気です。様々なグッズ製作を手掛けて30年以上ですから、多数のノウハウと実績を活かして満足の商品を提供しています。

販促STYLEはエコバッグなどの注文をする際にも、デザインツールがあるので簡単操作で利用をすることが出来ます。見積書や提案書もワンクリックですぐにダウンロードができますし、希望アイテムを調べることのできる検索機能も充実です。土日を省いた平日の10時から18時まで、電話受付にも対応をしています。

万来ドット.biz

万来ドット.bizでは、上手で耐久性に優れており、バッグにコンパクトに収納ができるナイロン製のエコバッグを製作しています。豊富なカラーが揃っており、軽量で防水効果も高いため、機能性や実用性に優れています。

万来ドット.bizでは、イベント会場などの販促品にぴったりな低価格なエコバッグを取り扱っています。名入れ印刷にも対応をしているため、幅広い年代に人気があります。リーズナブルな価格で購入できるため、まとめて注文をすると便利です。

万来ドット.bizでは、鮮やかで美しい色合いのナイロン製のエコバッグを販売しています。口コミでも評価の高いお店なので、迅速で丁寧な応対が特徴です。豊富なデザインが揃っているため、気に入った商品を見つけやすいです。

ライブカラー

ライブカラーでは、ポリエステルやキャンパス地などの丈夫で耐久性のある、メンズのエコバッグが豊富に揃っています。まとめて注文ができますし、リーズナブルな価格の商品が揃っているため、幅広い年代に人気です。

ライブカラーでは、持ち手が長く持ちやすいメンズのエコバッグが揃っています。ベージュや紺、グレーなどの落ち着いたカラーが揃っているため、大人の男性にぴったりです。豊富な素材が揃っているので、気に入った商品を見つけやすいです。

ライブカラーのメンズのエコバッグは、機能面や実用性に優れているだけでなく、シンプルで飽きのこないデザインが特徴です。カジュアルなファッションとも相性が良いのが魅力です。

エコバッグ普及の背景を知っていますか?

ここ十数年で、エコバッグは急速に普及しました。今では多くのスーパーでレジ袋が有料化されているため、昔と比べてエコバッグを持ち歩く人が増えています。ではそもそも、なぜレジ袋は有料化され始めたのでしょうか。国内のプラスチックごみのうち、約8割は家庭から出ている一般廃棄物です。つまり、各家庭それぞれがプラスチックごみを減らすことが、国全体の排出量の削減に直結します。環境問題、特に石油資源の消費や海洋汚染への対策として、レジ袋が有料化され始めたのです。日本は、一人当たりの使い捨てプラスチックごみの使用料がアメリカに次いで世界2位ということもあり、今後はより一層積極的な対策が求められています。環境省ではレジ袋の有料化を義務付けることを検討しており、コンビニなどもその対象となります。すでに有料化を検討している大手コンビニもあるようです。

コンビニでもレジ袋が有料化するとなると、ますますエコバッグの需要が増してきます。今まではスーパーに買い物に行くときにだけエコバッグを持っていた人も、普段から持ち歩くようになるのではないでしょうか。1枚5円程度と高いものではありませんが、ちょっとコンビニに寄るたびにとられるのは嫌ですよね。エコバッグには、折りたたんでコンパクトにできるものや、買い物かごに設置できるもの、かわいいキャラクターのものや、お土産屋さんにあるご当地のもの、ファッションブランドのものなど、たくさんの種類があります。その中から自分の好みのものを選ぶのも楽しいですよね。海外のお土産屋さんには必ずと言っていいほどエコバッグが置いてあります。なかには旅先でエコバッグを集めているという人もいるようです。

海外ではレジ袋が禁止されている国もあるので、日本よりも更にエコバッグが普及しています。海外のコンビニでレジ袋がもらえず困ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。日本でエコバッグが登場したのは1990年代ごろです。現在の日本でのエコバッグ所持率は8割程度、利用率は約5割と言われています。環境問題への意識も高まる中、「マイバッグ運動」などを通してエコバッグは普及してきました。しかし、まだまだコンビニではレジ袋をもらっているという人が多いと思います。また、女性に比べて男性のエコバッグ普及率は低い傾向にあります。買い物の頻度から考えると妥当かもしれませんが、マイはしやマイボトルの所持率も女性のほうが高いという結果が出ています。世界的にプラスチックごみの削減が厳しく求められている中で、男女問わずひとりひとりが意識して行動することが大切です。

カテゴリー