特集☆エコバッグ作成ガイド

ホーム > エコバッグについて > エコバッグの持参をして地球環境と家計に優しい生活

エコバッグの持参をして地球環境と家計に優しい生活

 そもそもエコバッグとは環境保護活動を推進する一環として取り上げられて、近年定着した言葉です。
スーパーなどではエゴバッグという言い方もすればマイバッグ持参運動といってもいます。
さまざまな呼び方で知られるエゴバッグですが、スーパーで売られていたり、商品のおまけについて来たりしてよく目にするようになって来ました。
つまり、レジでもらう袋ではなく自分で持っているエゴバッグを持って買い物をし、レジ袋の無駄をなくすことで、ゴミも減らし環境に優しい生活をしようと言うことです。
そうした取り組みがなされて多くの人がエコバッグならぬマイバッグを持参して買い物をするようになりましたが、身につくまでには時間がかかるものです。
いつでも持っていけるようにするにはレジ袋とエコバッグのメリットデメリットを考えてみるといいでしょう。

 エコバッグの持参メリットは沢山あります。
デメリットはないというくらいメリットが上回るようです。
例えば、追加料金を支払うことなく、またスーパーではポイントをつけてくれたりするところもあります。
袋をくださいというと必ずと言っていいほど三円から五円は確実にとられてしまいます。
一回や二回ならいいですが一年間でその無駄なお金をなくせば、貯金に回せると考えるとエコバッグの方がいいでしょう。
また、自分の家からゴミをなくすことができるというのもメリットの一つです。
毎日買い物するたびに溜まって行くビニール袋一週間もすれば山のようになります。
掃除の時に困らないようにするにはやっぱり袋を貰わないように心がけることが必要です。
また、ビニール袋は重たい荷物や角が尖っているものを買えば破れやすくなって困ることが起こります。
その点エコバッグは、ナイロン製なども多くあり破れにくくなっているのでたくさん買い物をした時も安心して持ち運びができます。

 別のメリットは、いつでも持っていける軽い袋であるので、通勤バックに入れて置いたりしても荷物にならないということです。
また、そのほかに小さく折りたたんでどこにでもしまって置ける。
女性向けに可愛いデザインがいっぱいあるものもあります。
さほど値段も高くないので、一回買っておけば十分に元をとることができるのもメリットの一つでしょう。
たくさんのエゴバッグの利点があるので、利点を考えたら、すぐに実行したくなるのがエコバッグです。
ただ毎日使うものなので、年に一、二度は洗濯して綺麗にしておくこともおススメです。
エゴバッグは女性だけだと思わずに男性でも環境保護や家計の手助けと考えてエコバッグを持参しておくことはとても大切でしょう。
家族の協力があれば、無駄なビニール袋を溜め込まず環境に優しい生活と家計に優しい生活を送ることができます。

カテゴリー